2017年02月27日
ブログ

参上!!

はじめまして(*^_^*)

本日は曽根が忙しそ~なので、私がブログデビューすることにしましたー!!

で、何書こう?う~~む。。。。ネタ無いよーーー(ーー;)

明日は28日!!今日、隣の席の上司がふと、言いました。

「2月は何で28日しか無いのかなー??(うるう年除く)」

「それ、2月あるあるですよね~。」って、会話終わったんですけど、

確かに気になる・・・なんで??

ググってみました!!


うるう年の豆知識2 2月の日数が他の月よりも少ない理由


きっとカレンダーを眺めていると、誰もが一度は疑問に思ったことがあると思うのですが、2月って、何故か他の月より日数が少ないですよね。


通常は29日、うるう年が30日というのであれば、まだ分かる気もしますが、実際には、うるう年ですら29日しかなく、通常は28日と明らかに他の月よりも少ないことが分かります。


実は、これも、ある理由から、このような不可思議な現象が起こってしまっているのです。


その理由・背景に大きく影響をもたらしたのが、約2100年頃に皇帝に就いていたアウグストゥス本人のわがままだったのです。


どういうことかというと、当時の暦上では、2月は通常の年は29日、うるう年は30日とされていました。


ところが、アウグストゥスが誕生月(8月)に、自身の名前を付けて呼ばせようとした(Augustの由来)ところ、たまたま8月が30日しか無いことに気づき、アウグストゥスは激怒します。


そして、強引にも、8月を31日に変更させ、9月・11月を30日、10月12月を31日と、8月以降が交互に30日・31日となるように帳尻合わせしてしまいました。


さらに、8月を余分に1日追加した帳尻合わせとして2月を1日減らしたのです。


カレンダー


自らの誕生月が30日であっても、31日であっても関係ないような気がするのですが、アウグストゥスの、完全なるわがままと言うか、プライドの行使のために、2月に災難が降りかかってしまいます。


そのため、2月は他の月と比較して、日数が少なくなってしまったというのが主な理由でした。


2月が、昔は1年の最終月とされていたことも含め、2月は皇帝たちには軽視されていたところがあったのかもしれませんね。


なんとも悲しい運命を辿った2月とも言えそうです。


このように、意外と2月にまつわる豆知識はいろいろありますので、皆さんも一度、2月に関して調べてみてはいかがでしょうか?


もしかしたら、ご紹介した以外の、他の豆知識もたくさん発見できるかもしれませんよ。』


・・・ですって。ホント??たぶん、「諸説あり」的やとは思うんですけどね!!

調べたけど、上司には言ってません、きっとこのブログに気づいたらわかるはず(笑)

塩対応のあっち~★です(*^。^*)





arrow_upward