2017年02月18日
ブログ

ミッフィーの話

おはようございます('ω')!
最近晩御飯をインスタに上げて、自己満足してる曽根です(*'ω'*)
毎日違うものを作る事は、結構難しいんだなぁ
と、実感しております・・・。(笑)

さて、ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさんが
16日お亡くなりになられたそうですね。
ミッフィーちゃん。みなさん、きっとご存じのはず。


これは初期です。

みなさんご存じなのはきっとこちら


かわいい。笑
ミッフィー展もしていたそうです。
行けばよかった・・・。

ちなみにミッフィーは名前ではないそうです。
ちゃんとした名前は
ナインチェ・プラウス。
ナインチェ・プラウス

( ゚Д゚)!!

おしゃれやないかい。

意味は子ウサギの短縮形=ナインチェ だそうです。
日本での名前は「ふわふわうさこちゃん」
英語の名前は「ミッフィー」だそうです。

ちなみにナインチェさん。ご家族の日本名も非常にユニークです。(笑)

ふんわりふわこさんもいますよ(笑)
そんなうさこちゃんは、オランダ生まれです♪

ミッフィーを生み出したブルーナさんは、
オランダのユトレヒト州ユトレヒト市で出版社を営む両親のもとに生まれました。
第二次世界大戦後、画家になりたかったブルーナ氏は父親と対立し、
「後継者の勉強」をするのなら。との条件付きで許しをもらったのです。

その後ブルーナ社で様々な装丁を手掛けたり新しい風を吹かせ
ナインチェを生み出します。
それまでなかった文字のない絵本を初めて発行したそうです。

色もブルーナカラーと呼ばれるカラー(赤・青・黄色・緑・白)
を多用し、現在みられるブルーナの絵本となったわけです(*´ω`)


デザインも手掛けていたので目にすることがおおかったのではないでしょうか??

このかばんがかわいくてかわいくて、かなり使い古しました(笑)

ブルーナさんのご冥福をお祈りいたします。


さて、今日も契約書を作っていかねば・・・
そろそろ繁忙期になってきた?!かも!
それでは本日もよろしくお願いいたします!

曽根でした(*^^*)


arrow_upward