2017年02月08日
ブログ

PREP法の話

おはようございます!!
昨日はお休みをいただいて、ガッツリガッツリ寝ました。
家事をしてから、ぼーっとしてゲーム(三國無双7!)
回るお寿司を食べて、お昼寝して、整体に行って・・・
とめっちゃ休日でした(*'ω'*)

先日(2/6)の職場の教養で
PREP法とのお話がありました。
①P「point…結論」
②R「Reason…理由」
③E「Example…具体例」
④P「Point…結論」
の順番で話をすることをPREP法(ぷれっぷ)
というそうです。

①私はこうしたい。(結論)
②なぜなら理由はこうだから(理由)
③例えばこういうことがある(具体例)
④なので私はこうしたい。(再度結論)

といった話し方です。
正直意識するのは難しいですよね(;´・ω・)

いろんな記事で結構
○○をするには?!
とはじまって結論とか解決法は一番下にだけしか書いてない、
というじらし方(これは広告収入の兼ね合いもあるのでしょうが)
もありますしね・・・。
結論を先に欲しい方もいるのではないでしょうか。
ただ大人として、そのプロセスや、具体例も聞いておきたいところですが('ω')

聞く力というものも必要でして、、、
意識を常にしていないと話をしてしまうという
大阪の性を曽根は克服中でございます・・・。

話がそれてしまいましたが、
PREP法以外にもプレゼンで活躍しそうな
SDS法
①「S…Summary…要約」
②「D…Details…詳細」
③「S…Summary…まとめ」

要点を早く伝えたいときに必要な会話法だそうです。
どちらかというとPREP法のほうが丁寧に聞こえますね(*'ω'*)
ストーリー重視だそうです(*'ω'*)

間違ってもこれじゃないですからね!!



昨日のお休みの影響か・・・仕事たまりまくりです。
今日もがんばりま~~す(;'∀')

曽根でした!!
明日は片山さん提供ネタです!

arrow_upward