2017年12月06日
ブログ

黄門忌の話

おはようございます!
昨日は谷町六丁目~布施まで営業に回らせていただきました!
ご挨拶させていただきました方々ありがとうございました。
途中途中でメールを見てる、ブログ見てるとお声がけいただき
大変うれしかったです(*´ω`)・・・ちょっと恥ずかしい。(笑)
東大阪が地元なので久しぶりに懐かしかったです。
特にマンホールが。(笑)
(東大阪のマンホールってマークが入ってます。)

さて、今日は何の日シリーズです(*'ω'*)
何個かあったのでご紹介♪
・サンタクロースの命日(モデルになったニコラオスが亡くなった日とされてるため)
・姉の日(私の日じゃないですか!)
・音の日(エジソンが発明した蓄音機で録音・再生することが出来た日)
・黄門忌

この中で今日は
「助さん格さんやっておしまい」(?)でおなじみの
水戸黄門こと徳川光圀公の命日です。

さて毎度毎度「この印籠が目に入らぬか」とばかり
しているわけではございません(笑)
水戸黄門とは何をした方なのかご紹介です。(笑)

水戸黄門とは江戸時代の藩主水戸光圀のことです。
藩主時代には寺社改革や殉死の禁止、快風丸建造による蝦夷地(後の石狩国)の探検などを行った。また、後に『大日本史』と呼ばれる修史事業に着手し、古典研究や文化財の保存活動など数々の文化事業を行った。さらに、徳川一門の長老として、徳川綱吉期には幕政にも影響力を持ったそうです。

実質フィクションとして、助さん格さんと旅に出てらっしゃいますが、
あくまでフィクションで、実際は関東地方を出たことが
ないそうです(笑)

当時としては大往生の72歳で食道がんにてお亡くなりになられています。
若いころは吉原通いや、町で刀を振り回したり、辻斬りをしたりなど
やんちゃしつくしてたようです。(笑)
しかし司馬遷の「史記」を読みそこから勉学に励むようになったそうです。

そして黄門様が最初に食べたといわれているのは
餃子、チーズ、牛乳酒、黒豆納豆だそうです。
前はラーメンも最初に食べたといわれていましたが、今年
200年前の書物にラーメンの原型になった経帯麺を食べたということが
記されていたそうです。
ただ、今のラーメンの原型を作ったのは黄門様のようですよ(*'ω'*)

諸外国から、インコや朝鮮人参も取り寄せ
育てていたそうです。
他にも外国の方を雇い家臣にしたり、
亡命してきた方から教えをこうたり。
新しいもの好きだったことがうかがえますね‼

調べてても助さん格さんが全く出てきませんでした。(笑)
まぁほんとにフィクションなのでしょう(笑)

 

ちなみに曽根は徳川家康と誕生日が同じです。
後はシューベルトも(笑)

旧暦と新暦の違いはありますが、ちょっと嬉しい(笑)

 

それでは本日もよろしくお願いします!

arrow_upward