2017年12月05日
ブログ

世界の怪事件の話

おはようございます(*'ω'*)
M-1グランプリ「とろサーモン」でしたね!
私唯一「和牛」のネタしか見てないのですが(笑)
見とけばよかったー!(笑)
「ミキ」も大健闘したみたいで
おは朝見てる私としては惜しかった!!

さて、今日は何の日
「バミューダトライアングル」の日です。
バミューダトライアングルとはフロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある場所です。

代表的なのは米軍戦闘機フライト19失踪事件
訓練の為飛行していた飛行機が現在地を見失い消息を絶ち
またそれを捜索しに行った船も消息を絶ってしまったという
事件です。数日にわたり大規模な捜索が行われたものの
残骸すら見当たらず、今も不明のまま。。。だそうです。

その他にもこのバミューダトライアングルでは
1926年水葬された人が1990年に発見されなおかつ生きていた。
という、事例もあるそうです。

魔の領域!?バミューダトライアングル
現在も起きてるの?バミューダトライアングルの事件と真相

真相としては浮力をメタンハイドレートが奪うことによって
急激に沈んでしまったり、そこから発生する磁力が通信機器に
影響したりとのことが多かったみたいです。
今は技術が進歩したおかげで、そういったミステリーは
ないようですが、、、

ちょっとついでに不可解な場所を調べてみました。

1.地獄の門 トルクメニスタン
人工的なものに値するのかもしれませんが、写真を見る限り
夜はとっても幻想的です。
火口近くはとっても熱いそうです(;'∀')

2.ホイア・バセウ・フォレスト 「歪んだ木々の森」/ルーマニア
こちらも磁場が関係しているのではないかと
いわれています。
すべての木々が同じ方向に歪んでいる不思議な光景です。
名前はここで消えた羊飼いの名前からだそうですよ。

3.セントラリア/アメリカ
こちらも火災が続いています。
ゴミ焼却の際に起こした火が地下鉱脈(石炭)に移り
その日が未だに燃え続けているそうです。
あのサイレントヒルのモデルになった街です。。。

こちらを参考にしました。

青木ヶ原樹海が1位になっちゃってるので
調べたらちょっと気分が悪くなっちゃったので
閲覧注意ですよー!

結構ミステリーにつきものなのは磁場かな?
と思いました。
目に見えないですもんね(´・ω・`)

さて、そんなミステリーは
心霊的なところは興味本位で行くことは
控えましょー!

それでは本日もよろしくお願いします!

arrow_upward