2017年11月09日
ブログ

野口英世

おはようございます(*'▽')
ヨガの効果が見込めていない曽根です(笑)
むしろちょっと体重増えたのは何故?
・・・それってこういうことかも・・・

代謝よあ~がれ。(笑)

さて今日は11月9日
119番の日!
と言っても、何かがあるわけではないみたいなので、
誰の誕生日か。
野口英世さんです。

そう、1000円札のお顔の方ですね。
(以前は夏目漱石でしたね)
ご存知の方も多いでしょうが、改めて

彼は黄熱病の研究で有名になりました。
そもそも、黄熱病とは
蚊からのウイルスになるそうです。
潜伏期間は3 - 6日で、突然の発熱、頭痛、背部痛、虚脱、悪心・嘔吐で発症する。発症後3 - 4日で症状が軽快し、そのまま回復することもある。しかし、重症例では、数時間から2日後に再燃し、発熱、腎障害、鼻や歯根からの出血、黒色嘔吐、下血、子宮出血、黄疸などがみられる。
その黄疸が見られることから黄熱病と名付けられたそうです。
51歳の時に自身も黄熱病にかかって亡くなってしまわれるのですが、
それまでに梅毒と黄熱病の研究に心血を注いだそうです。

野口英世

Wikipediaの中でのエピソードが結構面白かったです(笑)
とりあえず見受けられるのは
お金遣いが荒い。(笑)
婚約をした後、その婚約持参金を留学資金にあてたり、
友人からもらったお金を一日で使い切ってしまったり。

結果的に、外国の方と結婚され、姉の子供を養子にもらったみたいです(`・ω・´)

いろんな語録を残されていますが
一番しっくり来たのはこちら

過去を変えることはできないし、変えようとも思わない。人生で変えることができるのは、自分と未来だけだ。

そのとおりだとおもいます( ˘•ω•˘ )

さて、たまには文学のお話も楽しいですね♪

今日も一日宜しくお願い致します!

arrow_upward