2017年10月27日
ブログ

読書週間の話

おはようございます(*'▽')
ヨガめっちゃすっきりした(後日感想ブログ書きます(笑))
今日から6連勤が決定している曽根です(`・ω・´)
頑張っていきたいですね(;´・ω・)

さて、今日から読書週間がスタートします♪
正直読書であればなんでもいいのかとおもってます。
漫画であれ、新聞であれ・・・。
パソコンばっかり見る機会が増えてしまって、あんまり活字を見る機会が
減りましたもんね(´・ω・`)
読書週間にお勧めなよみやす~い小説を
メディアの情報も含めご案内です~♪

私が読んだことないのはあれです、私が読みたいってだけです(笑)

 

おすすめできる小説

1.カラフル/森 絵都

突然天使が現れ「おめでとうございます!あなたは抽選に当たりました!」
そして、彼は人生の再挑戦権を得たのでした。
リスタートすることで、以前できなかったことだできる。
リスタートはなにもすべてをリセットしなくてもできるなぁと思います。
心の持ちようであったり、見直してみると実はこういった違う意味があった
など、そうやって自分の受けたマイナスって流すのにはコツが必要ですよね~!
そんなこと学校で教えてくれたらいいのに。
読み終わると、主人公にエールを送りたくなる、自分もエールをもらえる
そんな小説です♪ページ数もそこまで多くないので読みやすいですよ~♪

2.肩ごしの恋人/唯川恵

この方の小説は基本的に女性の生々しいところがおおいです。
(ちょっとドロドロしてる(笑))
それでも読んだ後にすっきりするのは不思議なものです。
対照的な二人の生き方、プラス思春期。(笑)
ドラマ化されてます♪
いろんな女性の生き方があるなぁと実感させられました。
おそらくこれを私が読んだのはまだ20代になっていないくらいだったと思います。
27歳なんて遠いと思ってました(笑)
改めて読みたいですね(´・ω・`)

3.重力ピエロ/伊坂幸太郎

映画化もされましたね!
家族の為のお話です。
伊坂幸太郎さんのお話はタイトルの意味が分からなくても
最後にわかったり、すっきりするものが多いです。
お話も読みやすいように私は受け取りました♪
なのであまり小説を読まない方はさっと読んで
映画を見ることがおすすめです♪

 

私が読みたい小説

1.君の膵臓を食べたい/住野よる
今私が活字で一番読みたい小説です。
漫画にもなってますし、映画化もされております。
内容はこのタイトルに全く似合わないほんわかしたものもおおいです。
そしてこのタイトルがわかったとき、
時間はちょっと遅いわけです。
めっちゃ読みたい。(笑)

2.のぼうの城/和田竜
そろそろ歴史小説にも手を出したいんです。(笑)
そんな中でもいきなり司馬遼太郎さんへ手を出したら
ちょっと失敗したことがあるので、まずは軽いものから。
(面白く訳された古事記は読んだんですけどね!)
こちらも漫画があったかと思います。
なかなか活字離れしている私なのでリハビリ後に読みたい。。。

さて、いかがでしたでしょうか。
曽根はこういうジャンルのお本しか読めないので
おすすめが偏ってしまうのですが
自己啓発とかね、そういうたぐいも読めるようになりたいですね(;´・ω・)
それでは本日も一日頑張りましょう!

arrow_upward