2017年08月18日
ブログ

癖を持つ人々

「無くて七癖」と言われるように、人には何かしらの癖があるものです。

また、そのく癖は自分ではなかなか気づきません。

もし、癖を他社から、指摘されたとしたら、どう受け止めればいいでしょう。

「癖だから仕方ない」と思っていては、直す事は出来ないでしょう。

癖を直すには、はっきりと「改めよう」と意識することが大切です。

「こういう癖がある」という自覚こそ、改善への一歩です。

(職場の教養より)  

癖を見つけるのは、難しいですが、指摘されて気が付きます。

その時、改める気持ちがだいじなんですね。

私は、沢山ありすぎて、わからなくなりそうです。

性格改善が必要かも。

まず、落ち込みやすい、いいわけをする、考えすぎて悩む、まわりの状況が把握できてない、自信がない、目標が高すぎる、すぐパニックになる、焦り症、手を抜いているようにみられる、いつまでも成長がみられない、信用がない、自分の事しか考えてない、先のことまで考えて行動できない、すぐ行動して失敗し周りの人に迷惑をかける、責任感がない、

などきりがありません。人格変えないといけないです…(笑)

ということで、まだまだあります。すべてを変えるには、時間がかかりそうです。

今回の職場の教養は、身に沁みました。改善すべく、1つづつ挑戦していきます。

 

arrow_upward