2017年07月27日
ブログ

土用の丑の日の話

おはようございます♪

そう、一回目は7月25日にありました。次回は8月6日にある
土用の丑の日です♪

私の見解では雑季の一つかと思っていましたが違ったようです(笑)

なので今日はその意味も含めてご紹介です♪

土用の丑の日とは

まず、土用とは四立の18日前までの期間を表します。

四立とは、立春、立夏、立秋、立冬の事です。

そしてこの土用は五行で定められた暦の事です。
五行とは、木行・火行・土行・金行・水行の事です。

そして丑の日の意味は干支と同じです(/・ω・)/
日を数えるのに使われています。

なので、土用の丑の日とは
土用の期間にある丑の日
ということだそうです( *´艸`)

 

じゃあなぜウナギを食べるのか?

それは諸説あるそうですが、
有名なのは平賀源内の発案だそうです。

ウナギ屋が平賀源内にウナギが売れない事を相談し、
その相談を受けた平賀源内が
「本日丑の日」と書いたちらしを店の前に貼ったことから
始まったそうです|д゚)

当時は丑の日に”う”から始まるものを食べたら夏バテしにくいと
考えられていたのがヒットの背景だそうです(`・ω・´)

それを他のうなぎ屋が真似をし広まって行ったそうです(/・ω・)/

その節が夏だったため、
夏の土用の丑の日が残ったそうですよ♪

詳細はこちらからどうぞ

私はうなぎがめっちゃ好き!というわけではないのですが、
美味しいですよね(n*´ω`*n)

ちょっと合わせて食べたくなります♪

皆様も夏バテにはご注意を!!

曽根でした♪

arrow_upward