2017年07月26日
ブログ

運不運

運の悪い人というのは、例えば同じような事業上のトラブルを、何度も繰り返す人です。

逆に運のよい人というのは、繰り返し法律相談を受ける中で、会うごとに、

事業が充実発展しているのだそうです。

より良く運を開いていけるポイントは、①強い意志を持って同様することなく

②チャンスとなればぐずぐずせず、即刻行動して③やると決めたらその目的を

達成するまでに怠らずに続ける事です。

~職場の教養より~

この話から、日ごろの努力も必要だなと思いまいた。

いくらチャンスが巡ってきても、つかめないだろうし、いつも転がっているわけでは

ありません。いつ巡ってきても、つかめる自分になっていたいですよね!!

 

arrow_upward