2017年07月16日
ブログ

手紙の書き方

改まった手紙を書くには、いくつかの約束事があります。

その一つに、挨拶用語である頭語と結語を入れるという決まりがあります。

例えば、一般的に使われる頭語にΓ拝啓」があり、対応する結語が「敬具」です。

 

頭語と結語はセットになっているため、どちらか一方だけという使い方はしません。

返信の場合は、「拝復」と「敬具」の組み合わせとなり、用途により種類も色々あります。

弔事の手紙や抗議文などには、頭語と結語は用いません。

                      職場の教養より

 

手紙には基本的な、型があるんですね。Wordを使えばすぐに出てきますが、

慣れてしまっては、使い方がわからないままです。

 ビジネスシーンで使うためには、型をしっかりマスターしておけば

大切な場面で慌てなくて済みます。

 

私も、マスターしておきたいです!(#^.^#)

arrow_upward