2017年01月08日
ブログ

お雑煮の話

おはようございます!
喉の調子がよくなってきたような・・・♡
ロキソニンと漢方で治りそうな予感です!調子に乗らず確実に治したいですね・・・。
昨日は結局七草がゆを食べられず。。きっとすでに体調を崩したからかもしれません・・。(笑)

さて、本日はお雑煮について調べたのでお話ししようかと(*'ω'*)


お正月に食べるお雑煮の歴史は古く、始まりは平安時代だと言われています。餅は古くから農耕民族である日本人にとって、お祝いごとや特別な「ハレの日」に食べる「ハレ」の食べ物でした。年神様に供えた餅や里芋、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりと言われています。雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきています。お正月の三が日におせちやお雑煮を食べる際には「祝い箸」という両方の先が細くなったお箸を使いますが、これは取り箸と食い箸の両方に使えるように……というわけではなく、一方を人が使い、もう片方は神様が使う「神人共食」を表したものです。このようにお水や箸にまでこだわりがみられるエピソードからも、雑煮がいかにハレの日の食べ物かがうかがえます。(こちらを参照しました



祝箸の意味まで分かるとは('ω')!!
ちなみに上の写真は私が作ったお雑煮です('ω')
おもちはハレの日の食べ物なのですね(*'ω'*){おもち大好き!
私の知っているお雑煮は白みそのお雑煮なのですが、実は一番好きなのは、白みそであんこもちの組み合わせです(*ノωノ)

白みそ+あんこもちは香川のお雑煮です(*'ω'*)私の父方の祖母が香川出身なので、よく食べていました

鳥取とかだと、お汁粉仕立てみたいですね・・・おいしそう・・。
私のお雑煮はどちらかというと奈良と京都の間のようですね('ω')
投稿に大阪雑煮がありました(*'ω'*)一番しっくり・・・。
個人的には北海道がおいしそう・・・。
こちらのサイトを参照しました!→全日本雑煮大図鑑

ちなみにお餅のないお雑煮もあるそうです!
お餅がない雑煮なんて!!!

皆様のおうちのお雑煮はどういったものでしょうか?
ああ、、、、お汁粉が食べたくなってきた(´;ω;`)
明日はお休みいただいてますので、ブログもお休みです!
曽根でした!

arrow_upward