2017年06月01日
ブログ

謙虚さ

昔、子供のころの私は、本当におとなしくて声さえも出てるか、わからない子供でした。

親の後ろに、ずっと隠れている感じです。

それが、大人になるにつれ、度胸がついてきました。

自分の愚かさに気づき、ひたむきに泣いたりして…

いろんなことが、心を強くしてくれました。

まだ、若いころは、ポジティブに受け止められなくて、よく落ち込んでいましたね。

卑屈になっていたようです。

又、おとなしいとは違いますが、常に謙虚でありたいと若いころは必至で、自我を抑える事を

してきました。

ある時、人からの指示を受けすぎて、自分の考えをまとめたり、うまく伝えることが、できなくなってい

ることに気が付きました。

この気づきが、大切だったんです。

今でも、人として人に対して、謙虚でありたいと思っています。

両親から、教わってきました。

このような教育をくれた、両親に、感謝の気持ちで、いっぱいです。

 

 

 

 

arrow_upward