2017年05月27日
ブログ

百人一首の話

おはようございます♪

昨日はブログをお休みしてしまいましたね(;´・ω・)
忙しさを理由にしたくないですが、残念です(´・ω・`)
続けて行けるよう余裕を持たねば。。ですね。

さて、今日は百人一首の日だそうです。
最近は映画で「ちはやふる」がちょっとしたブームになりましたね♪

公式映画HPはこちら!!

百人一首を知らない方は坊主めくりなら!
知ってると、言う方もいらっしゃるのでは?

ちなみに一般的な百人一首(小倉百人一首)とは
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて藤原定家が選んだいわば詩集のようなものです。

小倉とつくのは小倉山で選りすぐったからだそうです。

私は小学校のころ、学校内で百人一首大会があったので、よく覚えてます。
実家にも百人一首があったので、よく妹としていました。
最近は読みをしてくれるスマホアプリもあるので、かなり活用しましたよ( *´艸`)

そして友達に勧められて面白かったのはこちら

超訳百人一首うた恋

わかりやすかったです。アニメなんですけどね(*'ω'*)
とってもわかりやすくてサクサクっと見てしまった覚えがあります(*´з`)
アニメお好きでしたらぜひ。

その中でも私の好きな百人一首ベスト3!!

3位

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ

(いつまで待っても来ない人を待ち続けて、松帆の浦の夕凪のころに焼く藻塩が焦げるように、私の身もいつまでも恋こがれています。)

2位

このたびは ぬさもとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

(今度の旅は、御幣をささげることもできない。とりあえず、手向けに山の紅葉を錦に見立てて御幣の代わりにするので、神の御心のままにお受け取りください。)

1位

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

(天の風よ。雲間の通り道を閉ざしてくれ。天女の舞い姿をしばらくとどめておきたいのだ。)

ちなみに2位は完全に響きです。まにまに。(笑)
これがすごく好きでした(笑)

たまには日本の伝統的な文化に触れるのも良いですね♪

それでは、曽根でした♪

arrow_upward