2017年05月22日
ブログ

美女と野獣を見た話

おはようございます♪

最近プライベートなネタばっかりですみません(;´・ω・)
この間は仕事終わりに一人で映画に行ってきました♪
私の周りでかなり評判がよかった
「美女と野獣」

吹き替えも迷いましたが、、、(育三郎ちゃんが後ろ髪ひかれました・・・)

字幕で鑑賞しました♪
ほんとにミュージカルの様で、映画館で観るべきだと思う作品でした・・・
キャラクターもそれぞれが、アニメで見た通りのキャラクターも大事にされていたので
そこもうれしく思いました♪
吹き替え版でも、キャストが豪華なので、ぜひともどちらでも楽しめる映画化と思います!

さて、美女と野獣はもともとどこから来ているお話なのか・・・
など、そんなところを調べてみようと思います。

美女と野獣の起源は
1740年にかかれた、フランスの異類婚姻譚だそうです。

皆様の知っているあらすじは
ヴィルヌーヴ版といい、大方のあらすじは同じですが
二人の姉がベルにいる設定です。
もう一つは、ボーモン版は話の最後にその二人の姉が石に変えられるそうです。

ちなみに主人公の名前の”ベル”という名前は
フランス語の原題”La Belle et la Bête”から来ているそうです。
この”La Belle”(美女)という意味だそうですが、
そのベルから来ているそうです('ω')

なるほど、、、、、

バラを結構キーワードにしている作品なので
それがまた、豪華さを増してるのではないかと思います。

そういった背景を考えながら、鑑賞いただければ
より一層楽しめる・・・のでは?!

ぜひともおすすめです~♪

曽根でした♪

arrow_upward