株式会社GoodHill Real Estate
09:15~18:00
不定休
2016年12月23日
ブログ

屠蘇って??

おはようございます!

昨日はとても暖かくて、上着が暑いくらいでした・・・。

一昨日あたりに入浴剤などを買おうと思い、ドラッグストアに寄りました。

するとレジのところに「屠蘇」と書かれた袋が置いてあり、これなんだろう。。。

読み方もわからず、とりあえず「蘇」のほうで調べてみる・・・。

すると、名前だけ聞いたことがある「お屠蘇」のことだとわかりました♪

お正月に無病長寿を願って飲まれるお屠蘇の由来は、「蘇」という悪鬼を屠るという説や、邪を屠り(ほふり)生気を「蘇生」させるという説があります。現代ではお屠蘇を飲むというと、単に日本酒を飲むことを指す場合もありますが、本来、お屠蘇とは「屠蘇散(とそさん)」または「屠蘇延命散」と呼ばれる5~10種類の生薬を配合したようなものを漬け込んだ薬酒のことで、唐の時代の中国より伝えられ、平安貴族の正月行事に使われていたそうです。江戸時代には一般庶民の口にも入るようになるまで広まりました。もともとは中国の医者が唐の時代に風邪の予防薬として作ったのがルーツとも言われています。

こちらから引用いたしました。


なるほど。。厄除けみたいなものなのかと納得・・・。


そしてこのドラッグストアで購入できるものは、酒と本みりんを入れて漬け込む(?)作るらしいです。

飲むことや飲み方にも作法があるそうで・・・。

1:お屠蘇は、おせち料理やお雑煮を食べる前に飲みます。
 
2:家族そろって東の方角を向きます。
 
3:最年長者が、最年少者に注ぎます。たいていの宴席では、年長者から盃を下げていきますが、このお屠蘇ばかりは逆なのです。年少者から年長者へと盃を順にすすめます。これは毒見の名残と、若者の生気を年長者へ渡すという意味が込められてるみたいです。
 
4:「一人これを飲めば一家くるしみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えます。
 
5:厄年の人は、最後に飲みます。
 
お屠蘇は元旦だけでなく、三が日の来客時に、初献にお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交すのが礼儀です。
 

こちらから引用しました。

だそうです。ひえ~知らなかった(;´・ω・)

こうやって日本の伝統を知ることも我々ゆとり世代にかかってる若者は知らないといけないですね(´・ω・`)

(ちなみに上の引用元の左端に日本酒の記事があったので、いつかおすすめの日本酒とかそんな話ができたらと思っています((ノェ`*)っ)))


皆様はお正月どう過ごされる予定でしょうか??

とりあえず目の前のクリスマスにむけて、お菓子作りをしたいと思っております(*'ω'*)

それでは今日も一日よろしくお願いします!

曽根でした!


arrow_upward