2017年04月14日
ブログ

不動産の契約見落とし!?

賃貸で住んでいる場合には、そのあと購入するにせよ、また借りるにせよ、多くの人は今の賃貸契約の解約手続きをする

でしょう。


大家さん(不動産屋さん)への連絡は部屋を出る何日前までにしなければならないのか。

また、どの程度まで原状回復義務があるのか。これにより退室時にいくらのお金が必要になるのか、あるいは返ってくる

のかが変わってきます。

多くの場合が退室する1ヶ月前までに連絡する必要があります。要するに退室する旨を伝えてから、1ヶ月は家賃の支払

い義務があるということです。



あとは原状回復義務ですが、基本的には汚したり、壊した物を借りる前に在った状態(時間が経つことが原因で壊れた物

については直す義務はありません)に戻せば良いわけです。

しかし、どこからどこまでが入居者の責任なのかは、はっきり分けることができずもめる要素になります。

ですから、初めから退室するときには「どこどこを直していかなければならない。」と決められている場合があります。

こんな場合は、ほとんど汚してもいないのに思ったより多くの支払いが生じることがあります。



いずれの場合も、契約をする時点で説明されることなのですが、多くの人は「まぁ、不動産の契約はこういうものだ。」

と思ったり、入居する方にばかり気がいっている為に退室のことがすっかり頭から抜けている場合があります。

借りる以上、いつかは返すわけですから、返すときのことを十分考えておきましょう。



また、すでに賃貸契約中の方については、契約書を見直したり、契約した不動産屋さんに聞いてみるなどして、

今後の引越しの際にどのような負担になるのか、前もって確認しておきましょう。


ということです。見落としはありませんか?

また、今後の為にも覚えておいて、損はないでしょう。

もう一度、自分の契約書の確認をしようと思う私です。(笑)(´・ω・`)




































arrow_upward