2017年03月27日
ブログ

快眠

 快眠のために重要なのは、寝室内の環境を整えることです。首や肩に無理のない枕、適度な硬さのベッドマットなど、

体への負担が少ない寝相を保つための工夫が大切です。


1.「枕」の選び方は?

朝目覚めて首や肩がこっている人は、寝相が悪かったのか、枕が悪いのかもしれません。

立ち姿勢に近い自然な体勢を保てる枕を選びことが大事です。色々な枕があるので、試してみるとよいでしょう。


2.「ベッドマット・敷布団」の選び方は?

寝た姿勢で最も体への負担が少ないのは、体とベッドの間が2~3cmの時です。やわらかすぎると、

腰部と胸部が深く沈みこんでしまい、眠りづらいだけでなく、腰痛の原因にもなります。「適度な硬さ」、

これがポイントです。


3.「掛け布団」の選び方は?

寝ている間は、体からは熱が奪われるため、過剰な放熱による低体温を防ぐこと、寝ている間にかく汗を吸収して、

透過させる吸湿性や放湿性がある布団選びが大切です。特に冬場の寒い時は、寝床内の温度を保つことが重要で、

寝床内は33度、湿度は50%程度が最適です。


快眠は、本当に大切ですね!私は不眠がちなので、試してみようと思います。

私は、最近は、営業に出ているので、運動しています。疲れて寝てしまうパターンですね( ´∀` )

確かに運動は、必要だと思いました。不眠のかた、お試しあれ。








arrow_upward