2017年03月11日
ブログ

東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日14時46分18.1秒牡鹿半島の東南東約130km・仙台市の東方沖70km付近の太平洋(三陸沖)の海底、深さ約24kmを震源として発生した。地震によって大規模な津波が発生した。


地震によって大規模な津波が発生した。


最大で海岸から6km内陸まで浸水[岩手県三陸南部、宮城県福島県浜通り北部では津波の高さが8m-9m]に達し、明治三陸地震1896年)の津波を上回る最大溯上高40.1m(岩手県大船渡市)を記録するなど、

震源域に近い東北地方の太平洋岸では、高い津波が甚大な被害をもたらした。

津波は関東地方の太平洋岸でも被害をもたらしたほか、環太平洋地域を中心に世界の海岸に達した。

また、宮城県北部で最大震度7、岩手県から千葉県にかけて震度6弱以上を観測するなど広範囲で強い揺れとなり

関東地方の埋立地で大規模な液状化現象が発生した。


津波、液状化、建造物倒壊など、東北の岩手県、宮城県、福島県の3県、関東の茨城県、千葉県の2県を中心とした被害は大きく、この地震による死者・行方不明者計約1万8,500人の大半は東北の3県が占めた。

また、発電施設被害による大規模停電や一連の震災により、日本全国および世界経済的な二次被害がもたらされた。


一方、地震と津波を要因とする人災により福島第一原子力発電所事故が発生し、10万人を超える被災者が屋内退

警戒区域外への避難を余儀なくされた。警戒区域外でも、放射性物質漏れによる汚染が起きているほか、

本の原子力発電所の再稼働問題、電力危機なども発生した。


このような大災害のあった日を、思い起こし改めてご冥福を祈りたいと思います。

又、残された問題についても、しっかり考えて行かなければと、思いました。

あの津波の恐ろしさ、今でもすぐ思い出します。

また、復興に関しても他人事ではすまされません。





arrow_upward